人気ブログランキング |
三つ編み 読み終えました。

著者はLaetitia Colombani(レティシア コロンバニ)
フランスの映画監督、脚本家、女優とのこと。
初めての小説だそうです。

c0289473_11230822.jpg
年齢も国籍も暮らしぶりも全く異なった3人の女性の人生が
まるで三つ編みを編みこむように交錯しながら
物語は進んでいきます。

それぞれがそれぞれの困難に立ち向かったことで
実際に髪が国境を越え、生きる希望を見いだしていきます。
女性の強さを感じました。

ちゃまさんのブログがご縁で読めたんだけど
私の方が早く読み終えたかな。。。



こんな花も咲いてます。
c0289473_11233434.jpg


# by komahaha2013 | 2019-08-21 11:44 | 読書 | Comments(0)
ミステリーガーデン8月の課題クリアしました♪

c0289473_11402878.jpg
8月は葡萄の図案です。
バックステッチがないので、サクサク進みました。


フライパンを買い換えました♪

c0289473_11405338.jpg
5年ちょい前、キッチンをリフォームした時に購入した
ティファールのテフロンが剥げ、焦げ付きやすくなり
ストレス抱えながら使ってたので、
この辺が潮時と思いきりました。

今回はテフロンではなく鉄製のフライパンにしました。
選んだのはリバーライト★

最初に使う前の準備、油ならしをして、昨夜使ってみました。

深い方で炒め物をしたのだけど
熱伝導が素晴らしく短時間でしゃきっと美味しく仕上がりました。

ちょっと値は張るけど一生ものです。
大切に使います。


のっぽのタカサゴユリ

c0289473_11410885.jpg
台風前に支えをしてくれたので
倒れることなく見事に開きました♪

子供たちが来て賑やかに過ごしてました♪

兄弟が揃うのは2年ぶりで
最初の夜は大盛り上がりでした。

4か月ぶりで会った高山の孫は、また身長が伸び184㎝とか。
孫姫もすらりと背が高くスタイルの良いこと。
我が脛の短さに、ちょっと笑えてしまったりして。

中3と小4、妹想いの優しい兄と、お兄ちゃん大好きの妹
心身ともに健やかにあれ。


そうそう、嬉しい経験を一つご披露。
Rちゃんの髪を梳いてポニーテルに結いました♪
細くてしなやかで艶々で毛先がカールしてて
とても美しい髪なのです。

息子二人の母にとっては、とても幸せな時間でした。


それから、もう一つ考えたのは
子供たちが帰ってきたときの食事のこと。

料理を作るのは好きだから苦ではないのだけど
悲しいかな、年々しんどくなってるのが現状。

 出来合いを加えて楽しようかな。。。なんてね。
ちょっと思ったことでした。


夏でも花盛り。
c0289473_11233438.jpg

c0289473_11235677.jpg
お父ちゃんのお世話の賜物です。

澤田瞳子著: 落花 読み終えました。

c0289473_15175380.jpg

平安末期、坂東で起こった平将門の乱を、僧侶寛朝の目を通して描いた
歴史小説で、とても読み応えがありました。

混沌とした世の中で、己の信じた儀を守るためだけに
戦いを繰り返す将門の、あまりに不器用な生きざまに惹かれました。

「この世に、全きものなどいはしない」
欲や怒り嫉み、己の醜い姿を晒しながら、それでも人は人なのだ。。。
寛朝が最後に辿り着いたその想いと
「落花」に込めた生と死の無常感が重く残りました。


。。。。。。以下 文中から。。。。。。

この地を愛し、ここに暮らす人々を愛しんだ将門が
坂東の大地に寿がれながら眩い落花のなかに散ったことを
いつか自分は唄うだろう。
国にも法にも従わぬまま己の義を貫いた、あの益荒男の生き様を。

それがいずれ自分が手にする至誠の声だ。
   
。。。。。。。。。。。。。。

繰り返し読んでも胸が熱くなります。
 本って楽しいね。



こぼれ種のフーセンカズラ

c0289473_15181416.jpg
涼しげです。

# by komahaha2013 | 2019-08-09 15:49 | 読書 | Comments(2)
ミステリーガーデン 7月の課題クリアーしました♪
c0289473_12394265.jpg
4つの角が埋まりました♪
c0289473_12395280.jpg
ちょっと物足りない分量かな。。。
かと言って大作広げる気力も湧かず。

しばらくは読書に重きを置いて過ごします。


宮部みゆき著:誰か 読み終えました♪

c0289473_12400643.jpg
これで杉村三郎シリーズ、完読です。

事件というにはささやだけど
そのなかに描かれた登場人物の心模様が実に丁寧で良かったです。

「誰」と「か」の間には、赤い文字で縦にsomebody

文字や絵柄の大きさ配置とうとう、一冊の本になるには
装丁に関わる方々がいらっしゃるんですよね。

クリエイティブなお仕事、憧れます。