人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ペンケース完成しました♪


ペンケース完成♪_c0289473_17304665.jpg


ファスナーを使った作品は3点目、今回は全て手縫いで仕上げました。

これまでの2点は表布裏布を一緒に縫って返し口から引っ張り出す方法で、
ミシンを使いました。
今回は表裏別々に縫って、後から裏地をファスナーに沿って縫い付けました。

ペンケース完成♪_c0289473_17311646.jpg
クロスステッチの布は、目がずれると目立つので
表地にファスナーを付ける時は、特に慎重に縫いました。

思いたって途中で作り方を変えたので時間がかかったし、反省点はあるけど、
ファスナー両端のおさまりは、これまでで一番良いです。
ステッチのメルヘンチックな雰囲気もあいまって、上々の出来栄えです。

完成までたいした作業でもないのに、ずいぶんともたついたけど
そこは数をこなせば何とかなるかな。。。
次回はミシンと手縫いを併用して作ってみたいです。


話は変わって
少し前に読み終えた「世阿弥、最後の花」に

「一即多多即一」(いっそくた、たそくいつ)なる文言が出てきました。
即はすなわちの意味で

小さき一点に十万世界の因果が含まれて、
森羅万象の様々なるものが一つのものとなる

華厳経という仏教経典に出てくる教えだそうです。

信心には縁遠いけど、このところ思い出したように浮かんでます。


小さなオキザリスも森羅万象の一つ。。。かな

ペンケース完成♪_c0289473_17333104.jpg



10月も早15日なのに日中は汗ばむ暑さでした。
週末の雨の後は、ぐっと気温が下がるとのこと
今年の秋はあっという間に通り過ぎちゃうのかな。。。
過ごしやすい時期が短くなるのはとても残念。


ペンケースのステッチが出来上がりました。

ここからが難題_c0289473_16462371.jpg

ほつれやすい布地なので、周囲はかがってあります。

下に敷いてある小花柄の布は裏地として使う予定です。
薄手なので芯を貼ろうかと思案中です。

後はファスナーを準備すれば、お仕立てに取り掛かれるのだけど
ここからが難題なのです。

以前作ったポーチはミシンで躓いたので
今回は手縫いで仕立ててみようかな。


鉢植えの小菊

ここからが難題_c0289473_16463473.jpg


予報では雨が降るはずだったけど、時折雲間から陽ざしが届いています。

録画しておいた日野正平さんの「こころ旅」見ながら
パソコン開いています。

TV、わが家は一台なので、必然的に見るのは同じ番組。

こころ旅ほか、ブラたもり・美の壷・イタリアの小さな村・新日本風土記
日本の話芸・ウドちゃんの旅ゴメなどなど録画してみています。

夫は旅番組が上好きで、時には地図帳広げながら熱心に見ています。
「こころ旅」は、私も好きで良く見ています。

番組を通して日野正平さんの人柄にも魅かれるようになりました。

立ち振る舞いに気負いがないとこが良いです。
草花のことも良くご存じで、生きものに対してとても優しいとこに
魅力を感じました。
お洒落で女性が好きで、お茶目でチャーミングな方だと思います。

コロナ禍で中断されてた秋の旅も、再開されるそうで楽しみです。


撮りたての庭の花から
夏のなごりのトレニア
夏のなごりと秋の庭_c0289473_12353807.jpg

おなじみの秋の花
八重のシュウメイギク


夏のなごりと秋の庭_c0289473_12352100.jpg

ホトトギス

夏のなごりと秋の庭_c0289473_12351127.jpg



ムラサキツユクサ
夏のなごりと秋の庭_c0289473_12354902.jpg




読み終えた本から

呉勝浩著:おれたちの歌をうたえ

夏のなごりと秋の庭_c0289473_12365352.jpg


長編のミステリーです。
読み進むにつれ先が気になるのはミステリーの常。

先に読み終えた夫に、自身の推理をぶつけるたびに
「言っても良いのか?」と問われ「ダメダメ」の繰り返し。
結果的にはビンゴ!でした。

夫の方が読書量は多いものの、同じ本もたくさん読んでるので
あれこれと話も弾みます。



緊急事態宣言解除に伴い、最寄りの公民館も使えるようになり
2ヶ月近く休止してたコーラスも再開、
昨日は団員11名、集って歌うことが出来ました。

久々で緊張したのか、夕食後ソファーで横になったら
すとんと寝入ってしまいました。

高齢化が進んだ合唱団だけど、音楽的にも人格的にも優れた二人の先生にご指導頂いています。
先生方も懸命だから、なんとかついていこうと皆頑張れてます。

思うように歌えず落ち込むこともあるけど
この年齢になって、学生に戻った気分で励めることがあるって、幸せです。


ペンケースに仕立てる予定の進行中のステッチ、片面が出来上がりました。
コーラス再開♪_c0289473_15421069.jpg


下の段は、こんな取り合わせにしました。
まず緑を決め、それに合う差し色を選びました。
う~ん、メルヘンチック度が増して、なかなかいい感じ。」♪


読み終えた本から
藤沢周著;世阿弥最後の花
初読みの作家さんです。
コーラス再開♪_c0289473_15422134.jpg
鎌倉の世、足利義教の勘気を被り、72歳にして佐渡の地へ流刑となった世阿弥

佐渡の自然、縁を繋いだ人々との魂の触れ合い、
亡き息男元雅への痛切な自責の念、緊迫の舞などなど
読み進むにつれ引き込まれていきました。

悩の末に到達した無心の境地が、情感豊かに描かれていて
感動の一冊になりました。

ちゃまさん、ご紹介くださって有難うございます。

# by komahaha2013 | 2021-10-06 15:49 | 読書 | Comments(4)
10月になりました。
日中は汗ばむほどだけど、朝晩は気温が下がるので、
脱いだり羽織ったりを繰り返しています。

毎年のことだけど、衣替えは一気には進まず
夏物を仕舞いながら、薄手の秋物から出しています。

衣替えは、断捨離の機会でもあるんですよね。

私のお気に入りは、ぽっこりお腹を隠してくれて、締め付け感のない
楽に着れる服。

着古したか否かではなく、これから先着るか否を基準に
処分できるものはしていきたいです。


9月10日に最初の花を咲かせた西洋朝顔ヘブンりブルーは
のべ500を超したとのこと、嬉しいびっくりです。

咲いた花数を、マメな夫が毎朝数えてカレンダーに書き込んでくれてて
教えてくれました。


こちらは、今朝の開花です。

10月の朝顔_c0289473_12271741.jpg


門扉わきの少し小ぶりの鉢にも20個ほど咲いてました。

お昼過ぎても萎まずに綺麗に咲いています。
澄んだ秋空に映えて美しいこと。



進行中のステッチです。
10月の朝顔_c0289473_12273031.jpg

ペンケースに仕立てる予定です。

図案は、お気に入りの本から。


10月の朝顔_c0289473_12274447.jpg

在庫のキットが、5つほどあるのだけど、
好みの変化もあるし、大作には怯んでしまうし。。。。
帯に短したすきに長しで、どうも意欲が湧かなくて。

本から図案を探して好きな色でステッチ、
クロス・ステッチを始めた頃のスタイルが、とても心地よいのです。